Project Description

カルビ肉は、イベリコ豚のあばらの部分、扇状に広がる部位から取れる部位で、冷蔵処理のみを行い保存されています。

一般組成

原材料名:イベリコ豚バラ肉

パッケージ・荷姿

イベリコ豚カルビ肉は、この部位に相当しない腱や膜をきれいに取り除き、その部位から取られたままの状態でお届けします。

ご要望に沿った包装:少量の場合、袋・大袋、またはプラスチック容器で出荷されます。大量のご注文は、透明フィルムでシュリンク包装し、パレット梱包いたします。梱包材は、食品用に適しています。

官能特性

切り口の色・外観:独特の淡いピンク色。切り口が均質。

外観:サシが入った、均一かつ均質な形状。

テクスチャー:繊維状。脂肪部分を親指で押すと、その部分が簡単にくぼむ。

微生物特性

検査結果

好気性生菌数 (ufc/g) £ 1 x 105

偏性嫌気性硫酸還元菌 (ufc/g) £ 3 x 10

大腸菌数 (ufc/g) £ 5 x 10

黄色ブドウ球菌数 (ufc/g) £ 5 x 10

サルモネラ菌の特定/25g 検出されず

リステリア・モノサイトゲネスの特定/25g 検出されず

一般工程

イベリコ豚カルビ肉の処理工程は、次の通りです。

  • と殺後に得られた枝肉の搬入
  • 枝肉の解体と部位の分割(カルビ)
  • 整形
  • 冷却/冷凍
  • 保存
  • 梱包および出荷

商品の輸送

イベリコ豚カルビ肉は生鮮肉であるため、温度を0~7℃に保ち輸送する必要があります。冷凍品の場合、輸送温度は-18℃となります。

保存期間

何の処理もされていない生鮮肉のため、保存期間または流通期間は肉の保存状態によります。なお、常時、コールドチェーンを維持することが重要なポイントとなります。イペリコ豚カルビ肉は、お手元に届いてから7日以内に消費するようお勧めします。また、冷凍品の場合、保存期間は24ヶ月です。

お召し上がり方

イベリコ豚カルビ肉は、生鮮食品ですので、あらかじめ調理してからお召し上がりください。

温度:低温で取扱うこと。また、お使いいただくまで冷蔵してください。

衛生管理:常時、人間が消費する食品に対する適正な取扱いおよび衛生管理に関する基準を順守し、適用してください。

日光:商品の荷降し場所以外では、イベリコ豚カルビを直射日光にさらさないようにしてください。