セゴビア県ビリャカスティンの山の真ん中で

1910年、プルデンシオ・ベニートがセゴビア県ビリャカスティンでラ・プルデンシア社を設立。グアダラマ山脈の北西、カンポ・アサルバロ山脈に囲まれ、15世紀以来、豚派生品の加工で有名な地域です。文献にあるように、当時、コロンブスは、人類の偉大な功績の一つに挙げられる「新大陸発見」を成し遂げるために必要となる保存食の中に、この上質な食材を含めています。

この地の数百年にわたる伝統を大切に守りながら、創業者プルデンシオはセゴビア県初のと畜場と工場を設置し、この地方の家庭的な手造り加工の習慣を継続しつつ、完全な統合体制を築きました。今日、創業者の孫にあたる、一族の第三世代がその知識と作業方法を巧みに結集。品質と伝統をひとつにし、ラ・プルデンシアの生ハムや豚肉ソーセージをスペイン有数の逸品に仕立て上げた生産基準を踏襲しています。

自社の技術者が監督する最新技術と設備を導入し、ラ・プルデンシアは、家畜の血統、飼料、飼育、去勢の管理を行っています。家畜は自社のと畜場でと殺され、その場で解体されます。その後、山脈の真ん中、標高1,100メートル以上の山中に設けられた天然の乾燥室と熟成室で、ハモン、パレタ、腸詰を熟成。また、当社製品の塩分の低さと共に、この山脈の気候や地理的条件が生産工程の基本的要素となっています。厳寒の冬と暑い夏。これが当社の生ハムのじっくり時間をかけた長期熟成と併せ、原木の素晴らしい品質に影響していることは間違いありません。

ラ・プルデンシアでは、イベリコ豚および白豚(セラーノ)のハモン・パレタ・腸詰類を加工しています。いずれも同じ生産工程を採用していることから、スペインでは、まさに本物の手造りハモンセラーノと極上のハモンイベリコの生産者として位置付けられてます。